俺の股間を癒やすのは風俗だけ

気負わないようにしています

どんな風俗嬢を相手にする時であっても、気負わないよう心掛けることこそが何よりも大切なんじゃないかなって思っています。風俗って自分にとって貴重なものなんです。だから力んでしまったり、気負ってしまう気持ちが無いとは言えません。むしろここぞとばかりに気合を入れてしまうケースもあるんですけど、そんな時でもプレイの前に風俗嬢と向き合うその瞬間にまずは深呼吸して、リラックスするよう心掛けています。そうじゃないとやっぱり体も硬いし、コミュニケーションも上手に行かないじゃないですか。風俗嬢だって気合が入りすぎているようなお客よりも、ある程度リラックスしてくれているお客の方がやりやすいんじゃないかなって思うんですよね。そこをしっかりと心掛けることが出来ると、良いプレイだなって思えることが多いのも事実だと思うので、あまり力むのではなく、自分なりに気負わないよう考えて風俗嬢との一戦を楽しむようにしているんですよね。

きっと想像力なんだと思う

風俗でどれだけの時間を過ごせるのかと言うのは、結局の所想像力そのものなんじゃないのかなって思っています。イマジネーションと言い換えても良いかもしれないんですけど、指名する前もそうですし、実際に風俗嬢が目の前にやってきて楽しむ時もそうですよね。直接的な快感よりも、頭の中でいろいろなことを考えると思うんですよ。これだけの美人が自分のためにこんなことをしてくれている…みたいな。そういった感動が自分にさらなるものをもたらしてくれるんじゃないのかなって思ったら、風俗では想像力をフル回転させることこそが、より高い満足を得るためには求められることなんじゃないのかなって思うようになったんですよね(笑)だからホームページを見てもその点は重視するというか、どうすればもっともっと満足感の高い時間を過ごせるのかということを突き詰めていくと、やっぱり想像力なんじゃないのかなってことに気付いたので、想像力を刺激される相手を選んでいます。