俺の股間を癒やすのは風俗だけ

ご褒美的な存在なのかもしれない

自分へのご褒美という言葉も完全に定着しつつあると思うんですけど、その中でも自分にとって最高のご褒美は風俗ですね(笑)自分へのご褒美としてこれ以上のものはないと思いますし、いくら自分の意志で遊ぶかどうか決めるものではあっても、実際に遊べるのかどうかという点ではやっぱり違うじゃないですか。それらをトータルで考えると、やっぱり風俗は自分へのご褒美として最高のものがあるんじゃないかなって思っていますし、それによって自分のモチベーションになるケースもあるんです。だから忙しい時などは「次の風俗のために」という気持ちで頑張れる自分がいるのも事実なんですよね(笑)この困難を乗り越えたら風俗で楽しいことが待っているんだし…みたいな(笑)その気持ちをもって取り組むと、結構良いものが生まれるケースも珍しくないんですよ(笑)だから風俗で遊ぶということは、自分の中では結構大きなことなのかなって。まぁ身近ではあるんですけどね(笑)

だからか、風俗が変わったのかも

明らかに風俗との付き合い方そのものが変わりつつあるんですよね。というのも、風俗って今ではいろんなジャンルがあるじゃないですか。これだけバリエーション展開が豊富な世界はなかなかないんじゃないですかね。そこに自分でもある種の感動が待っていると言うか、これは本当に素晴らしい世界だなって思うんです。だってこだわればこだわるほどに楽しいってことじゃないですか(笑)それはやっぱりとってもありがたいものだと思うんですけど、じゃあそのために何をするのかって思った時、風俗って本当にいろんな気持ちを味わうことが出来ると共に、お客側じゃなくて風俗店側の視線を推理するに、それだけバリエーション豊富だってことは、お客側の選択肢が増えているってことを意味している訳じゃないですか。ということは、殿様商売なんてしていたら淘汰されるのが目に見ているってことですよね。だからこそ、最近の風俗はどのお店もフレンドリーなのかなって。