俺の股間を癒やすのは風俗だけ

お店に通うのは訳があるんです

風俗はいろいろと楽しみたいって思いもありますし、デリヘルであれば楽に楽しめるなって思いもあるんですけど、それでも店舗の風俗での利用にこだわっています。これは訳があるんです。妻にバレないための工夫なんですよ(苦笑)いくら風俗が性的なサービスを受けられる場所であって、決して浮気ではないって主張したところで「なら大丈夫」と言ってくれる人、あんまりいないじゃないですかね(苦笑)でも風俗は男にとって最高のものじゃないですか。それを「使わない」は無理なんです。それならバレないように遊ぶのが礼儀と言うものだと思います。とりあえずお店であればバレるリスクも低いと思いますし、出来る限り予約をして楽しむよう心掛けています。待合室で何時間も待つのはいろんな人に見られてしまう可能性もありますしね。あと、表通りじゃなく、ちょっと裏にあるようなお店が良いですね(笑)表通りだと入店していく姿を誰かに見られているかもしれないじゃないですか(笑)

現代では栄養補給のようなもの

風俗の存在というのは昔からあるものですけど、現代社会では風俗は栄養補給のような物なんじゃないのかなって思いますよ。とにかくちょっとしたことで炎上だなんだとデリケートになりつつある世の中じゃないですか。それってちょっと面倒ですよね(苦笑)自分でもいろのなんことをとは思っても、実際にどうしても面倒だったり、あるいは本当におかしいというかこれは大変だろうって思うことも多いじゃないですか。どこかで自分の気持ちを発散させる場所が無ければちょっと苦しいなって思うことも珍しくないんですけど、その場所こそ風俗なんですよね。風俗であれば相手の女の子が自分のために尽くしてくれるんです。それだけでも男としては嬉しいものですけど、性的な満足感もありますので発散した時の感動と言うのはこれ以上のものはないだろうって思いがあるんですよ。だから風俗で遊ぶ時に自分が実感しているのは、やっぱりそこでいろんな気持ちになることかなって。